今宵もJAZZに囲まれて・・・

2009年11月に念願のJAZZ BAR Sweet Rainをオープン。 よちよち歩きで、何とかやっています。 飲み食べ歩きは激減。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

新譜が続々と



この可愛いジャケットは、ハリー・アレン/ヤン・ラングレン カルテット

ヤンのライブに行った時、ヨーロッパ人なのにものすごくオーソドックスというか、アメリカンなピアノを弾く人だなぁと思ったので、この組み合わせは納得出来る君。

理屈なしに楽しめるアルバムです。



エンリコ・ピエラヌンツィとフェデリコ・カサグランデというイタリアのギタリストのデュオアルバムです。

しっとりときれいで、何度も繰り返し聴きたくなるの。余裕たっぷりでよどみない感じもとても好き。



バッドプラスとジョシア・レッドマン。
ジョシアはずっと聴いていて何度かライブにも行ってるけれど、今一つ抜けていないというか、伝えたい事がよくわからない、理解出来ないというイメージ。それでも新譜が出ると買ってしまうんだけど。
上手すぎてかえって難しくしちゃうのかしら、なんて思っていたんだけど、バッドプラスというどちらかと言ったらクラブジャズっぽいトリオとやることで、難しさが消えた感じ。お互いのイメージが変わったような気がします。

今日はとりあえず3枚だけ。
近いうちにまた紹介しますね。

ライブの情報等は、週末マスターがブログにアップしています。

私はしばらく新譜紹介に専念します。
一応、発売が今年で録音が去年、一昨年くらいのものを新譜と呼ばさせていただきます。
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。