今宵もJAZZに囲まれて・・・

2009年11月に念願のJAZZ BAR Sweet Rainをオープン。 よちよち歩きで、何とかやっています。 飲み食べ歩きは激減。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

板倉克行さんのこと

1月10日の朝、ピアニストの板倉克行さんが天国へと旅立ちました。
享年70歳。
早すぎる死でした。




板倉さんが私の友人Iさんに連れられふらりと店にやってきたのは、2011年の3月頃。

騒の恵美さんから「聴かなくてはいけないピアニスト」と教えられていたにも関わらず、子育て等で暫く冬眠し聴く機会を失っていた私にとって、「板倉克行さんで~す。」と紹介された酔っ払いのオジサンの第一印象は「?・?・?」。
ちょっと呂律が回らなくてガハハハハと笑う豪快なヨッパ、そんな彼が弾くピアノがどんなものか想像できなかったから。


でも、ピアノに座った彼の指先から最初の一音が飛び出た時、そんな懸念は一瞬で吹き飛んだ。
透明で鋭く尖った音の柱が、いくつもいくつも昇っていく、キラキラキラキラ輝いて・・・
店のピアノが違うピアノになったように、今まで聴いた事のない美しい音を出したのにもびっくり。


彼が最初に出演する日に恵美さんから電話があり、30年ぶりの電撃再会(といっても電話だけれど)を果たしたのは前にも書いたけれど、もっと彼のピアノを聴きたいのと、恵美さんに「板倉をお願いね」と託されたこともあって、板倉さんには月一回出ていただくことに。
最初のライブが4月6日、最後のライブが2013年3月20日、2年間24回の出演。
本当は、25回目も26回目も27回目も決まっていたのに、聴くことはできなかったなぁ。

ライブの日を決め暫くしてから「○月△日は××××とデュオでやります」等のメールが届く。
彼のメールはホントに短くて、「元気?」だけに花の写真が添えられていたり、雪景色が写っていたり。

そうそう、突然福島に移り住んだりもしたなぁ。
ライブのある日は福島から高速バスでやってきて、荷物を置いたら銭湯へ行って「あ~、さっぱりした~」と言いながらピアノの前に座るのが常だった。

やっぱり東京に帰るって住む場所決めて、引越しの前日に「吐血しました。2週間の入院です」というメールが来てびっくり仰天大騒ぎ、なんてこともあった。
その時は「無事退院、明日から東京です」というメールが届いて一安心だったのだけれど・・・

東京に戻って、昼間は散歩したり図書館に行く毎日だったそう。
大抵は万葉集を読んでいると言ってたけれど、夜のヨッパ姿と違って昼間は知的なオジサン。
実際、読書量がすごくて知識の豊富な方でした。

P1020181.jpg

P1020182.jpg

板倉さんの譜面は独特で難解。
この譜面のどこにあんなメロディが書かれているのか、私にはちんぷんかんぷん。

「昔は頭の中に見える音を全て弾いていたけれど、今は弾かなくてはいけない音だけ光って見えるんだ。だからそれを選んで弾いているんだよ」

この譜面が、彼の頭の中に繋がっていったんだろうなぁ。

「これでいい、と思って止まってしまった奴はダメだ。今日やった事は全て捨てて、新しい何かを見つけていかないと。そういう奴としか、俺は一緒にやりたくない。」

共演者について話していた時の彼の言葉。

万葉集をテーマにした彼の曲の発表ライブで、その思いを感じられた気がした。

P1020856.jpg

店のピアノはアップライトなので、背中しか見えないのだけれど、何とか顔が見える一枚。
森 順治さん、梅津 和時さんと。



お酒が好きだけれど、お酒に弱くて、焼酎のロックを2杯目から水割りにしても気付かないくらい。
3杯目はほとんどお水の水割りを楽しそうに飲む。

笑い方が豪快。豪快だけど心は繊細。

酔っぱらうと「バカヤロウ」が口癖。

忘れ物大臣で、毎回必ず何かしら忘れて帰る人。
セーター、Tシャツ、小物類、CD、携帯の備品、などなどなど。

若い女性が好き。
お見舞いに行った時「今度は若いきれいな女の人連れて来るね」と耳元で話しかけたら、目玉をぎょろりと動かしたっけ。

あ~あ、もう一度聴きたいなぁ、板倉さんのピアノ。

最後に出たのは3月20日、その9日後に事故で入院。
演奏が終わったあと「やりたいことが頭の中に渦巻いているんだ。それをどんどん形にしなきゃ。まだまだ死ぬわけにはいかないよ、ガハハハハ~」そう言っていた板倉さん。
どんなことをしたかったのかな、聴けないまま逝ってしまったのが心残り。

でも、あの日は忘れ物をしなかった。
「すごい、今日は何も忘れて帰らなかった、奇跡だ!」なんて帰った後に話していたのだけれど・・・。
忘れていたら、何かが変わったかな・・・なんて思ったりもする。




4月1日、板倉さんの追悼会を開きます。
最後のライブ、ベースの田嶋真佐雄さんとのデュオの録音を皆様に聴いていただき、その後お店で彼と共演した方々のセッションをする予定です。

詳細はこちら

板倉さんに笑われないように、いい会にしたいな、と思っています。













スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。