今宵もJAZZに囲まれて・・・

2009年11月に念願のJAZZ BAR Sweet Rainをオープン。 よちよち歩きで、何とかやっています。 飲み食べ歩きは激減。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

美しすぎるギターアンプ

先週末のSweet Rainでのライブは、大好きな宮野裕司さん、中牟礼貞則さん、稲葉国光さん。
ゲストがピアニストの岩崎佳子さんというメンバーでした。

20130608.jpg

この写真の宮野さんと中牟礼さんの間に鎮座しているのが、中牟礼さんのギターアンプ。
(写真は後輩S君に貰いました。私も撮ったのだけど、あまりに下手すぎて・・・S君ありがとう!)

1950年代前半のギブソン製、真空管アンプです。

まぁ、何と言うか、とにかくフォルムが美しい。

まるで旅行鞄のよう。

革貼のアンプなんて初めて見たのでびっくり。

持ち手も革なの。

gibso.jpg

スピーカーの部分は、子供の頃家にあった古いラジオのようなデザイン。

スイッチやつまみの類は全て裏にあるという素晴らしさ。

gibso2.jpg


何もかもが、本当に美しい。

暖かみもあって、存在感があって、今まで目にしていてたギターアンプとは全く違うのに驚いた。

脱帽でありました。


「Gibson」の「n」が取れていたので、中牟礼さんは「ギブソ君」と呼んでいました。

重さは16キロ、これを持ってギターを背負って電車でやってくる中牟礼さんにも脱帽。

とても80歳には見えません。背中もすっくとしていて、本当に年齢を感じさせない素敵な方です。


スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。