今宵もJAZZに囲まれて・・・

2009年11月に念願のJAZZ BAR Sweet Rainをオープン。 よちよち歩きで、何とかやっています。 飲み食べ歩きは激減。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

板倉さんを応援するライブ

ご無沙汰していて申し訳ありません。

お知らせです。

2年間、月に一度必ず出演してくださっていた板倉克行さんが、転倒して頭を打ち入院しています。
状態は安定しているのですが、意識が回復せず、面会もできません。

早く良くなって「ガハハハ」という笑い声を聞かせてほしい。
心配している方、みんな同じ気持ちだと思います。

意識を取り戻しても、すぐピアノを弾ける状態になるか否かも分かりません。

板倉さん情報をフェイスブックで知らせてくださっている、横浜エアジンの梅本さんも「長丁場を覚悟した方がいい」とおっしゃっていました。






「お見舞いのライブをやって、何かしら力になれるようにしようよ!」
お客様の間からそういう声を頂き、ミュージシャンに声かけをして、5月1日に「応援ライブ」を開催することになりました。

出演は、森順治(Sax)さん、北沢直子(Fl)さん、本田祥康(G)さん、日野了介(B)さん、今竹一友(Ds)さんです。

みなさん当店の板倉さんライブで彼と共演なさった方たちばかり。
あ、ギターの本田さんは板倉さんとの共演はないのですが、板倉さんが転倒した日に一緒にリハをしてたという・・・。
怪我をしなかったら、2人の共演も聴けたはず。



チャージはありませんが、お見舞金を募ります。



あえてピアニストは入れず、板倉さんと一緒に・・・という気持ちで演奏してください、とミュージシャンの方々にお願いしました。
その気持ちが届いて目を覚ましてくれたらいいな、という思いを込めて。



皆様のお越しをお待ちしております。


応援ライブは、これからも続ける予定でいます。

次回が決まりましたら、またお知らせいたします。

スポンサーサイト

このページのトップへ

明日は、板倉 克行ソロピアノ

ひょんなことから決まった板倉さんのライブ。
しかも投げ銭・・・

いくらヨッパだったからって、ちょっと恐れ多かったかなと反省。

その後届いた板倉さんからのメールに、You-Tube のアドレスが書かれておりました。


http://www.youtube.com/watch?v=IGEmwVUqR9s&sns=em


素晴らしい演奏です。

明日生で聴けると思うと、ちょっぴり興奮。

同じ感動を味わいたい方、ぜひお越しくださいませ。
お待ちしています。


P1010577.jpg


余談ですが、お店にドラムが入りました。
以前からのお仲間でもある、アマチュアドラマーさんからのプレゼントです。
しかも新品!
K山さん、ありがとう!

自分も含め、ドラマーがフルセット運ぶのは大変だしという思いから・・・嬉しいことです。

これで、スネヤとシンバル、ハイファットだけ持ってくればだいじょうぶになりました。

だんだんライブハウス化していますが、これはこれでいいなと思う昨今。

やっぱりライブにはかなわないものね。




このページのトップへ

開店記念日・・・1歳になりました

昨年の11月11日、あれからもう1年経ったなんて何だか信じられないけれど・・・

Sweet Rainは、素敵なお2人の演奏で1歳のBirthdayを迎えることができました。
金澤 英明さん、石井 彰さん、ありがとうございます。
曲の途中から「HAPPY BIRTHDAY」になって終わった時には、かなりジ~ンとしてしまいました。

1111

1年ってホントにあっという間ですね。
ついこの間のような気がするのに・・・

ここまで来れたのも、支えてくださった皆様のおかげだと感謝しています。
2歳のお誕生日を迎えられるよう、今日からまた頑張らないと・・・。

景気が悪いせいもあるのでしょうけれど、経営的にはダメダメの1年でした。
でも、好きな音楽を聴きながら仕事が出来、気持ちは幸せいっぱいです。
特にライブは大きかったな~。
こんな小さなお店でも、演奏してくださるミュージシャンがいて、それを聴きにきてくれるお客様がいて、というのは凄いことだと思います。
JAZZに限らず、生演奏に勝るものはない、少しでも生の良さを知ってもらい伝えていきたい。
そう思って始めたお店でしたので、そこだけはまぁ成功したと言えるのではないかなぁ・・・。

今の私の時給は50円くらいかな・・・2年目はせめて500円くらいは貰えるように、頑張りたいなと思います。

皆さま、本当にありがとうございました。

このページのトップへ

アリルド・アンデルセン

土曜日の昼営業を休んでまで行きたかった、アリルド・アンデルセンのライブ。
期待した通り、素晴らしい演奏でした。

以前神田のTUCでヤコブ・ヤング5の演奏を聴いた時、いわゆるECMサウンドを生演奏で表現できる、という事実にものすごい驚きを覚えました。

ECMのサウンドは独特の録音方法で生まれてくるもの・・・そう思っていたから。

それが違うと分かり、ヨーロッパジャズの底力というか、ニューヨークサウンドとは異なるジャンルのJAZZがしっかり根付き続いていることを再認識させられたのでした。

「晴れたら空に豆まいて」、今回のライブハウスのステージは、なぜか和風。
開いた障子の陰からミュージシャンが現れる、お相撲の桟敷席みたいな小上がりもあって面白い。

ビールを飲みながら待っていると、メンバーが登場。
若い頃から大好きで、いつか生で聴いてみたいと思っていたアンデルセンが目の前にいる。
年は取っているけど、柔和な笑顔の素敵な人だな~なんて思ってうっとり眺めていると、ドラムからサックス、いきなり曲が始まった。
その瞬間、彼らの音楽へ引き込まれた。すごい、すごすぎる!
身体全体でベースを弾くアンデルセン、カッコいい~。
ベースを引き寄せたり、離したり、こんなにベースを動かしながら弾くベーシストってあまりいないと思う。
そこから出る音は重量級で、しかも美しい。
凄く早いフレーズも難なくこなし、おまけにとても綺麗なんだもの、感激しちゃうよね。

サックスの人もとても上手で、どことなくガルバレイクに似た感じの音色。
ベースとサックス、ドラムのユニゾンがカッコよくて、ゾクゾクしてしまいました。

やっぱり私、ECM系のサウンドが大好きだわ~。
終わったのが嫌だったくらい、もっともっと聴いていたかった。

もしかして、と思い、彼の古いレコードとマジックインキを持っていったら、運よくサインしてもらえました。
そのレコードを見た時のリアクションが面白かった。
握手をした手は、分厚くて温かでした。

また来たら絶対に行く!
オフィス・オーサワさま、来年も招聘してくださいませ。



このページのトップへ

8月21日のライブ報告

21日のライブは、関根敏行さん、水橋孝さん、渡辺明日香さんという面子。
7時半スタート、それぞれが間に合いそうな時間にやってきて、リハーサルはなし!

さすが、ベテランミュージシャンたち。

入念な打ち合わせなんてなくても、音楽で語り合える。
それって、すっごいな~。びっくり!

最初からグイグイ惹き付けられ、明日香さんのヴォーカルでノックアウト。
明日香さん、上手です。声も歌も感情も、全てが直球で響いてきました。

演奏する側が楽しければ、聴く側だって楽しくないはずがない。
客席・ステージ関係なく、気持ちがひとつになった素晴らしい時間でした。

明日香さんは、10月2日の中川卓也さん・横山裕さんのライブにもゲストとして出てくださいます。
聴き逃した方は、ぜひ10月のライブにお越しくださいませ。

a


さてさて、次回のライブのお知らせを・・・

まずは、月例スチューデントライブ

9月1日(水曜日) 9月22日(水曜日)
いずれも20時30分からの予定です。

どんどん成長していく彼らの演奏を、ぜひ聴きに来てください。
チャージは無料です。

そして、9月11日、ボサノバナイトです。

出演

中村 善郎(G・Vo)

宮野 弘紀(G)

続木 力(ハーモニカ)

19:30スタート 2ステージ入替なし チャージ2500円

今年の残暑は厳しいらしいので、素敵なボッサで暑さを吹き飛ばしましょう。
ご予約受付中です。


このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。